3月12日(日)大阪市北区(南森町)
JCCA公認セミナーを開催しました。

第170回 日本コアコンディショニング協会 公認セミナー

■マスターシリーズ1「発育発達からひも解くコア」

コアコンディショニング根幹理論を学び、
理解度を深めていくための6時間セミナーです。

脊椎動物の進化の過程
赤ちゃんの発育発達過程

これらをひも解いていくことで、コアの成り立ちや
私たちヒトにおけるコアの重要性がみえてきます。

コアコンディショニング,根幹理論,発育発達,進化,再学習

コアコンのナゼ?をひも解くセミナーです

JCCAのセミナーとしては、非常に珍しい座学中心ですが、
その内容は膨大で奥深く、何度も受講して深く深く深く
理解をしていただきたいテーマです。

今回は再受講の方もいらっしゃっていましたし、私自身も
何度も受けているセミナーの1つです。
※JCCA会員であれば再受講は4分の1価格で受講可能です

 

そして、伝える側の私も受講される方々にとって、
有意義な知識・知恵を提供できるように伝え方や内容を
少しずつブラッシュアップをしています。

今回は知人の先生や友人のご厚意により、赤ちゃんの動画を
多数ご提供いただけたので、貴重な映像をお見せすることが
出来ました。
(T先生、Iさん、ありがとうございます)

 

前半はコアコンディショニング全体の理解から、
コアリラクゼーションを掘り下げるところまで。

後半はコアスタビライゼーションコアコーディネーション
を掘り下げていきます。

特に後半はワークを少しずつ取り入れて、実際に自分の
身体で感じていただきながら進めています。

ちょっとだけ公開すると・・・
これは呼吸のエクササイズに関する体感ワーク↓

腹式呼吸,胸式呼吸,横隔膜,JCCA

呼吸のエクササイズを掘り下げます

インナーユニットの働きを理解し、狙いや動き方を
より細かいレベルで見ていくことによって、
指導の質が高まっていきます。

呼吸のエクササイズは、
アドバンストシリーズ2「リセットスリー」
でもパッケージ化してお伝えしていますね。

 

次は・・・
赤ちゃんの泣くの動きを再学習する体感ワーク↓

赤ちゃん,発育発達,コア,インナーユニット

泣いてインナーユニットを活性化させます

これは見た目は地味ですが、意外とキツいです。
しかし非常に効果的で、子どもやジュニア選手たち
にも導入しやすい内容ですね。

 

最後にもう1つ・・・
赤ちゃんの定頚を再学習する体感ワーク↓

コアスタビライゼーション,安定,定頚,軸回旋

定頚によって軸の感覚を獲得していきます

このエクササイズは、
アドバンストシリーズ2「リセットスリー」
でお伝えしている軸回旋エクササイズです。

自分自身の中心軸を整えるのに、非常に有効的
なのですが、左右差があったり、なかなか調整
が上手くできなかったりします。

そんな時に・・・
アレをちょこちょこっとするだけ
動きが変わるから驚きです。

 

まぁそんな感じで、この後も

「うつ伏せ」
「寝返り」
「腹ばい」
「ハイハイ」
「お座り」
「つかまり立ち」
「つたい歩き」
「立つ・歩く」

と赤ちゃんの動きと、その時に獲得するコア機能、
エクササイズへの落とし込む時のポイントをお伝え
させていただきました。

 

コアコンディショニングという概念の根本を理解して
いくことで、それぞれのエクササイズの意味や狙いが
クリアになっていきます。

そうすることによって形だけではない【質の高い指導】
に結びついていきます。

受講者された皆さまの先にいるクライアントさまに
それらが届き、健康な身体を手に入れるための
セルフコンディショニングへと繋がっていくことを
願っています。

【 受講者の声(アンケート) 】

  • JCCAの考え、発育発達との関係を知りたい!
    悪姿勢の生活を送り続けると簡単に変化してしまうということを
    クライアントに伝えていきたいと思いました。
    赤ちゃんが徐々に連動した運動の獲得をしていく過程が面白かった
    です。全体を通して分かりやすかったです。
    (山本 様 / 柔道整復師)
  • 内容の再確認と整理のために受講しました!
    骨格の形成に日常生活動作が大きな影響を与えることを伝えて
    いきたいと思いました。
    インナーユニットが無意識に働いて姿勢が安定することや、
    呼吸は大事さなど、コーディネーションの動きにおいても
    少しごっちゃになっていた知識が整理できました。
    (K.A 様 / トレーナー)
  • コアコンの基本、なぜコアが必要なのかを知りたい!
    日頃の姿勢がいかにヒトとしてよりよく生きていく上で大切だと
    感じました。
    横隔膜と頚の筋肉の関係性、仰向けから立ち上がるまでの過程を
    ひとつひとつ見直し、そこを強化し、そして前に進んだり戻った
    りしながら、重力下で楽に身体を動かせるようになっていくこと
    をクライアントさんにお伝えしていきたいです。
    (O.M 様 / インストラクター)

受講された皆さま、ありがとうございました!

独立・開業して成功するパーソナルトレーナーを目指すセミナーならB-station

▼公式メールマガジン毎週配信中!
火曜日:指導者のためのスキルアップセミナー発信所
水・金:パーソナルトレーナーのための未来創造塾
メルマガの概要はこちらをご覧ください

032_matsunaga_04_1-e1369800657891

▼各種お問い合わせ先 B-station(担当:奥野)
【電 話】 06-6585-0870
【メール】 info@trainer.osaka