7月30日(日)大阪市北区(南森町)にてJCCA公認セミナー
「リセットスリー」を開催しました!

第178回 日本コアコンディショニング協会 公認セミナー

■アドバンストシリーズ2「リセットスリー」

コアを緩めて、アライメントを整えることが出来たら、
次に行いたいのは「コアを安定させる」ことです。

そのためのエクササイズ群がコアスタビライゼーションで、
その入り口を学べるのが「リセットスリー」です!

今回は栃木県から佐藤崇子講師が来てくださったので、
ダブル講師での開催でした。

発育発達,コアコンディショニグ,セミナー

栃木から佐藤講師が来てくださいました!

午前中は復習の内容も含めた座学中心の内容。

アドバンスト認定試験も視野に入れていらっしゃる方も
多いので、1つ1つ理解度を探りながらお伝えしました。

一度学んだ内容でも繰り返し学ぶことで、その学びレベルは
深みを増していきます。

「これは知っている」
「これは前に聞いた」
という姿勢ではなく、

新たな学びや視点を得られるヒントがある!
という心構えが再学習には大切だと思っています。

もちろん再学習だけではなく、

  • コアコンディショニングの重要性
  • 赤ちゃんの発育発達の概論
  • インナーユニットの基礎知識

と新たな知識もお伝えさせていただきました。

 

そして午後からの実技へと続きます・・・

☆近日開催のスキルアップセミナー日程☆

☆全てのセミナー開催スケジュールはこちらから確認できます☆

 

午後からは「ベーシックセブン」の復習からスタートしました。

現場で使っていての疑問点や悩みを伺いながら、アドバイスも
させていただきました。

その後はいよいよ「リセットスリー」のエクササイズです!

  • 呼吸エクササイズ
  • 軸回旋エクササイズ
  • 体幹安定エクササイズ

と3つのエクササイズから構成されていますが、
赤ちゃんの発育発達過程に沿って進めていきます。

ここで午前中の座学と実技が具体的に結びついていきます。

コアスタビライゼーション,体幹,安定,インナーユニット

軸回旋エクササイズの指導練習の様子

どのエクササイズも動きは地味なものです。

ですが、それぞれに明確な狙いや意図があり、
もちろん効果もしっかりと感じられます。

指導者としては、1つ1つのエクササイズを行う
上でのポイントを理解しておくことが大切。

さらには自分自身の身体でその感覚を理解して
おくことも重要だと私は考えています。

やはり自分で出来ない、分からないものを言葉に
して伝えるのは非常に難しいからです。

最終的には現場での指導を通して、本物のスキルに
昇華されていくので、出来るだけスグに活用できる
状態まで導くことをセミナーでは大切にしながら
お伝えさえていただきました。

JCCA,アドバンスト,リセットスリー,大阪

指導練習を通して即現場で活用できる状態に

受講されたお1人お1人、バックボーンも違えば、
指導現場や指導対象も違います。

それぞれの現場で「リセットスリー」で学んだ内容を
活用していただけることを願っています!

【 受講者の声(アンケート) 】

  • 自宅でも出来る運動を指導できるようなりたい!
    インナーユニットの働きと呼吸をした時のお腹の変化の観察で、
    どこに力が入っているのかを理解できた。
    リセットスリーのエクササイズは順番を覚えるのが大変でした。
    何度もやってみて修正や見極める力をつけていきたいです。
    (佐藤 様 / 健康運動指導士)
  • アプローチの幅を広げるために受講しました!
    コアコンディショニングと発育発達の関係、理論が学べ理解
    が深まった。
    インナーユニットを働かせる感覚の難しさ、ニュートラルを
    キープする難しさを感じたが、それを見極める重要性を理解
    することが出来た。
    (高橋 様 / 理学療法士)
  • 将来の仕事で活かしたい!
    発育発達とコアコンの関係性を学ぶことが出来ました。
    呼吸や正中を意識してポールに乗るだけで、こんなに
    変化がでたことに驚いた。
    早くお客さんに伝えたいです。
    (松岡 様 / 学生)

最後に佐藤講師とJCCA事務局の渋谷さん、そして同じ
大阪で活動している平井講師から移転祝いを頂戴しました!

移転祝いをいただきました!

ご受講された皆さま、ありがとうございました!

パーソナルトレーナー・フィットネス指導者
向けスキルアップセミナー大阪・B-station

▼毎週火曜日17時にメールマガジン配信中!

最新セミナー開催情報が欲しい方は登録してください

▼【求人】パーソナルトレーナー募集中!

求人の詳細はこちらからご確認ください

▼各種お問い合わせ先

B-station(担当:奥野)
電 話: 06-6585-0870
メール: info@trainer.osaka